天晴爛漫!【APPARE-RANMAN!】

概要

天晴爛漫! 2019年10月(全13話)

ストーリー

時は明治。日本の小さな港町に住む商人の次男坊空乃天晴は、家業も手伝わずにカラクリ作りに明け暮れるトラブルメーカーだった。そんな彼のお目付け役を上役より押し付けられた士族の下級役人一色小雨は、成り行きで天晴の出奔に巻き込まれ、蒸気船天晴号に乗って漂流する羽目になる。なんとかアメリカの船に救助された彼らは、そのままロサンゼルスへと上陸することになった。当面の住処と生活費は確保したものの、日本に帰る資金の当てがない彼らだったが、3大自動車連合(BIG.BOSS)が新たな時代の到来をアピールするためにロサンゼルスからニューヨークへのアメリカ大陸横断カーレースを行うことを知り、天晴号を蒸気自動車に改造してその賞金で日本へ帰ることを思い立つ。

wikipedia引用

キャラクター

空乃天晴

本作の主人公 カラクリ好きで、発明以外に興味がない
チーム天晴のメカニック兼パイロット
レース中も起点を聞かせ優勝を目指す

一色小雨

天晴と一緒に海を渡りアメリカにやってきたサムライ
天晴とは真逆で、社交性の高い性格
剣の腕はかなりのもの

ホトト

ネイティブアメリカンの少年
父を殺した男を探して旅にでて天晴と出会い一緒にレースに参加する
どんなに強い相手にも臆せず、勇敢な性格

ジン・シャーレン

中華系移民の少女、レーサーへの憧れでレーシングチームの雑用を行っている
チームの自分の実力を見せて、レースへの参加する事になる

感想

江戸時代に侍が船を渡って大陸横断レースやっちゃう話

物語の始まりは昔の日本、ひょんなことから海を渡った天晴と小雨が日本に帰るために大陸横断レースの賞金を狙うって話
事故でたまたま出た船でアメリカ着いちゃうなんてとんでも話だったがとても面白く、痛快な作品でした
13話と短い1クールアニメだったが、正直2クールでも全然ありだった

文明の差に負けない技術力 技術力の日本だな

文明的にも大きな後れを取っている天晴たちだか、持ち前の頭脳で自分の知る蒸気機関とガソリンエンジンを融合するハイブリットエンジンの開発をしちゃう
走行中もただ走らせてるだけではなく、勝つためのコース取りもしっかり計算しちゃう天晴

取り巻くライバルたちもそれぞれ魅力的

シャーレンは自分の夢のために力を貸してくれた天晴たちに協力的
ヨーロッパから参加したアルの紳士的な性格で、素直でまっすぐな天晴たちと友人となり、困難なレースを乗り越えて行く

こんな人にオススメ

1クールですっきり終わり、どんな人にもオススメ出来る作品です
1クール物だが、最後まで続きが気になっちゃう作品になってるので、決して浅いわけではないです
逆要素の少ない作品にも見えるが、小雨がしっかり面白くしてくれてるので、笑いあり、涙ありで、感動ありな作品でした