カードキャプターさくら【Cardcaptor Sakura】

概要

カードキャプターさくら 1998年4月~(全70話)
劇場版カードキャプターさくら 1999年8月
劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード 2000年7月
カードキャプターさくら クリアカード編 2018年1月~(全22話)

ストーリー

木之本桜(以下、「さくら」)は、友枝小学校に通う小学4年生。父・藤隆と兄・桃矢と3人暮らしで、兄の親友・雪兎に憧れている。ある日、藤隆の書庫で不思議な本を発見する。すると、その本から封印の獣ケルベロス(ケロちゃん)が現れた。その本は、魔術師クロウ・リードが作った魔法のカード「クロウ・カード」が入っていた。全てのカードがさくらの住む町にばらまかれてしまい、封印が解かれるとこの世に「災い」が訪れるというクロウカードを回収するため、さくらはケルベロスによって「カードキャプター」にされ、ケルベロスや親友・大道寺知世、クロウの血縁の少年・李小狼(リ・シャオラン)と共に、クロウカードの起こした事件を解決しながら、カード集めに奮闘する。

 

wikipedia引用

キャラクター

木之本 桜

本作の主人公で、小学4年生
父親の書庫で見つけた本の中に眠っていたケルベロスと出会い、カードキャプターとなる
明るく素直で優しく活発な女の子

ケルベロス(ケロちゃん)

本に封印されてたクロウカードの守護者で、さくらをサポートする
普段はぬいぐるみのような状態だが、本当は翼の生えた獣の見た目をしている
関西弁を使う

大道寺 知世

さくらの親友でクラスメイト
カードキャプターである事を知ってる数少ない人物で、主に個人的趣味だが撮影と衣装の提供を行う

李 小狼

香港からやってきたクロウカードを集める少年
初めは敵対してたが、さくらをサポートする

 

 

オススメPOINT

伝説の萌えアニメ

多くのアニメオタクを作ってしまった名作になります そして、ここからアニメを見るようになった人たちが急増したと言われている
今までアニメに興味なかった人たちが、この作品で出会ってしまった事で人生が大きく・・・なんて事もちらほら
この年代のアニメ好きな人に、何からアニメ好きになったか確認すると高確率でカードキャプターさくらだと思われますw

無敵の呪文”絶対だいじょうぶだよ”

絶対だいじょうぶだよ
この言葉は作品でとても重要なキーワードになってます
どんなピンチや辛い試練もこの言葉で乗り越える、そんなひたむきなさくらをみんなが応援したくなるそんな魔法の言葉
絶対だいじょうぶと思う強い気持ちこそ最強の魔法なんです!

世代を超えて最新作”クリアカード編も開始”

20年ぶりに続編アニメが制作された、その名も”クリアカード編”
小学生だったさくらたちも成長し、中学生になっているので、さくらの成長を見るだけでも楽しい
原作は現在連載中 アニメが追い付いてしまったので22話で終了だが、ストックがたまり次第続きも行うはずなので、超楽しみな展開ですね