メイドインアビス【MADE IN ABYSS】

 

概要

メイドインアビス 2017年7月~(全13話)
メイドインアビス 旅立ちの夜明け 2019年1月(劇場版総集編)
メイドインアビス 放浪する黄昏 2019年1月(劇場版総集編)
メイドインアビス 深き魂の黎明 2020年1月(劇場版)

ストーリー

“人類最後の秘境と呼ばれる、未だ底知れぬ巨大な縦穴「アビス」。その大穴の縁に作られた街には、アビスの探検を担う「探窟家」たちが暮らしていた。彼らは命がけの危険と引き換えに、日々の糧や超常の「遺物」、そして未知へのロマンを求め、今日も奈落に挑み続けている。

ヒロインのリコは孤児院で暮らす探窟家見習い。アビスへの憧れが人一倍強い彼女は、母のような偉大な探窟家になることを夢見ていた。ある日の探窟で、リコは謎の存在に生命の危機を救われる。その何者かが放った熱線の跡を辿ると、そこには人間の少年そっくりのロボットが倒れていた。

リコはロボットにレグという名前を付け、孤児院の大人達の目を欺きながら、共に過ごすようになる。 レグが孤児院に入って2カ月が経つ頃、リコの母親であるライザの白笛と封書が地上に上がってくる。封書には、誰も見たことがない深層の生物の情報と「奈落の底で待つ」と書かれた紙が同封されており、その中にはレグに似たロボットのような絵も描かれていた。

ライザの封書を読んだ2人は、アビスの深層を目指すこととなる。リコは母親に会うために、レグは自分が何者なのか知るために…”

 

wikipedia引用

キャラクター

リコ

 

本作の主人公
白笛の母親を持ち、母親のようなすごい探検家を目指す

 

レグ

 

機械の体を持つ記憶喪失の少年
アビスの中でリコたちに出会い、記憶を取り戻すために冒険に同行する

 

ナナチ

 

第4層に住む慣れ果てと呼ばれる少年
元は人間だが、ウサギの獣人の見た目をしている

 

 

オススメPOINT

さすが元エロ同人作家!やたらとエロい

エロ同人誌を書いていた作者の漫画作品がアニメ化
アニメ作品としてみんなが見れるようになってはいるが、ところどころエロいシーンがあります

グロいけど綺麗な世界

冒険ファンタジーアニメになってるんですが、グロいです
リコたちの楽しくも前向きな冒険ですが、かなり残酷なシーン多めで、アビスの過酷さをしっかり感じられます しかしそれがまたリアルで素晴らしい
原作漫画も非常に書き込まれていて、すでに芸術の域と言っても過言ではないので、アビスの風景も見どころですね

原作の更新頻度は低めで次回作はまだ先?いえ、続編決定です

とても綺麗で作りこまれた作品なので、原作漫画の更新は低めになっております
2013年から漫画が発売されていて、2020年7月にやっと9巻が発売されました
大体年1のペースで新刊が出てますね
アニメのこの後も物語は続いていくんですが、もう少し原作が進まないと2期はないと思いきや、2期が近いようです