スクライド【s.CRY.ed】

 

概要

スクライド 2001年7月~(全26話)
スクライド オルタレイション TAO 2011年10月(総集編)
スクライド オルタレイション QUAN 2012年3月(総集編)

ストーリー

“21世紀初頭の近未来(本編開始より22年前)、神奈川県の一部で突如、横浜を中心に自然現象ではあり得ないほどの原因不明エネルギーを放出して大規模な隆起が発生し、半径約20kmから30km・高さ240メートル以上にも及ぶ「ロストグラウンド」と呼ばれる大地が誕生した。首都圏全域の機能が失われ、政治・経済も長期に渡る停滞を続けることになった。5年後、余力ができ復興した日本政府や国連からの援助によりロストグラウンドは復興するも、復興した市街の住人と崩壊地区の住人「インナー」という特殊な二層社会が形成される。

大隆起現象から8年後、ロストグラウンドは日本においての完全独立自治領連(むらじ)経済特別区域と認定される。その背景には、ロストグラウンド生まれの約2%の新生児に「アルター能力」という特殊能力を持つ者達が現れ始めたということがある。彼らは「アルター使い」や「ネイティブアルター」と呼ばれ、その中でも特に暴力や略奪を行う一部は「アルター犯罪者」と呼ばれるようになった。これに対して本土側はロストグラウンドにおける武装警察機関「HOLD」内に、アルター能力者による部隊「HOLY」を設立し、これに対応した。

そんな中、ロストグラウンドの崩壊地区で生まれ育ったアルター使い・カズマは、HOLYに所属するアルター使い・劉鳳と出会う。”

 

wikipedia引用

 

キャラクター

カズマ

本作の主人公で荒廃したロストグラウンドで生活するネイティブアルター
片腕に纏うタイプのアルター能力を持ち、主に協力なパンチで戦う
身勝手で負けず嫌いな性格

劉鳳

A級のホーリー隊員で、自分の信じた正義にまっすぐな男
ネイティブアルターのカズマとは敵対する関係
アルター能力は自分の分身”絶影”を操る能力

由詑 かなみ

カズマと同居する少女で、物語の語り手
のちにアルターがある事が発覚する

桐生 水守

HOLY所属 劉鳳の幼馴染でアルター能力を研究している
カズマと劉鳳二人と交友を持つ

ストレイト・クーガー

常に速さを求める男
アルター能力は速さを追求したラディカル・グッドスピード

オススメPOINT

腐敗したスラムに暮らす能力者と、それを取り締まる能力者

近未来、特殊能力が目覚めた人類を描く作品
特殊能力を悪事に利用する人、国の管理下で能力を使う人
物語が進むにつれて見え隠れするHOLYの闇 果たして正義はどこにあるのか

熱い特殊能力アニメの傑作

特殊能力アニメとしても優秀だが、とにかく熱い作品である
叫ぶ、熱血なアニメが好きな人にはもってこいの作品
カズマも熱いがそれに感化されて熱い劉鳳も見どころです

この世の理は即ち速さだと思いませんか?

とにかく速さを求めるストレイト・クーガーがぶっ飛んでます
早口でまくしたてながらとにかく速さを求める
アホですが最高に熱い男ですね