TIGER & BUNNY

概要

TIGER & BUNNY 2011年4月~(全25話)
劇場版 TIGER & BUNNY-The Beginning- 2012年9月
劇場版 TIGER & BUNNY-The Rising- 2014年2月
TIGER & BUNNY 2 2022年開始予定

ストーリー

“NEXT(ネクスト)と呼ばれる特殊能力者がこの世に誕生してから45年。大都市・シュテルンビルトには、スポンサー各社との契約下でその能力を駆使し、街の平和を守るNEXTによって構成されたスーパーヒーローたちが存在する。ヒーローたちの活躍は専用の特別番組『HERO TV』で中継され、その年の「キングオブヒーロー」の座を巡るランキング争いを続けていた。

ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹もその1人であり、デビューから10年と最盛期を過ぎて人気もないが、地道にヒーローとしての活動を続けていた。ある日、所属会社がヒーロー事業部の売却を行ったため、虎徹はヒーロー事業に新規参入を果たしたアポロンメディアに再雇用される。しかし、ヒーロー界初となるバディ・ヒーローという会社の方針により、自分とまったく同じ特殊能力を持ちながらも、まるで正反対の性格を持つスーパールーキー、バーナビー・ブルックスJr.とコンビを組むことになる。”

 

wikipedia引用

 

キャラクター

ワイルドタイガー(鏑木・T・虎徹)

本作の主人公で、落ち目のヒーロー
制限付きの身体能力UPの能力を持つ
決め台詞は”ワイルドに吠えるぜ!”

 

バーナビー・ブルックスJr.

ワイルドタイガーの相棒だが、相性は最悪 しかし能力は同じ
他のヒーローと違い、本名でヒーロー活動を行う
両親を殺した犯人を追っている

 

ブルーローズ(カリーナ・ライル)

ヒーロー界のスーパーアイドル
氷を操る能力を持つ

 

スカイハイ(キース・グッドマン)

風を操り空を飛ぶヒーロー
ありがとう、そして、ありがとう

 

 

オススメPOINT

NEXTという超能力保有者のヒーロー活動が、TVショーとして興行になっている世界

人狼に突然超能力を使える者たちが生まれ始め、彼らの能力が時に良い事に、時に悪い事に利用される世界
その中でも達悦した能力をもつ者たちが、ヒーロー活動を行い、それをTV番組で放送しちゃうって話
正義のために戦う、だけど視聴率やヒーローとしてのポイントも大事 そんな矛盾の中戦う彼らのお話

ヒーローたちのコスチュームにはリアル世界のスポンサーがついている

softbank、Amazon、pepsi NEX、animateなど企業や商品名のロゴがついている
これは実際の企業がスポンサーについており、アニメ上で普通に戦っている 劇場版などになるとスポンサーが変わっていたりして、それを確認するのも面白いポイント
第2期のスポンサー募集が始まったようなので、現在各企業で争奪戦が始まっている
牛角にはロックバイソンのスポンサーを継続してもらいたいと期待されている

劇場版はほぼ総集編と完全新作

こちらの作品には2つの劇場版アニメがあるが、The Beginningはアニメの1話と2話をベースに新しいエピソードを混ぜた作品になっている
その後の3話へは違和感なくつながるように設計されている
The Risingは待ちに待った完全新作になり、TVシリーズの続きを描いている
新ヒーローのゴールデンライアンの登場は良くも悪くも度肝を抜かれたw